年齢肌トラブル対策

ビーグレン

冬の乾燥肌シワ対策のお手入れ法とおすすめセラミド化粧品効果

冬の乾燥と寒さは肌の大敵ですね。乾燥は肌の潤いを奪って小ジワを作るうえ、寒さで代謝が落ちた肌は弾力を失いシワが刻まれやすいです。そこで、さっそくスタートしたいのが冬のシワ対策スキンケア。アミノ酸やセラミドのお手入れで肌の保湿力は数段アップします。最新美容液とクリームは、肌の弾力を回復せるには好都合。

乾燥ジワ。深ジワが起こる原因





シワには大きく二つのタイプがあります。乾燥によるシワと加齢によるシワです。
乾燥ジワは、小ジワやちりめんジワと呼ばれるもので、肌の乾燥が原因です。空気が乾く冬場は肌の水分が失われて、表面に小さな亀裂ができて、それが小ジワとなります。お風呂上りに鏡を見て、自分のシワが消えているようなら、それが乾燥ジワです。このタイプは、とにかく保湿を徹底することが大切です。

一方、お風呂上りでも消えないのが、加齢ジワ。こちらは肌の弾力を内側から支える線維(コラーゲンやエラスチン)が、紫外線や加齢の影響で破壊されるのが原因です。「比較的浅いシワは表皮の弾力低下が主因」。真皮の弾力も低下している証拠です。


シワ予防はまず保湿から、深ジワを消す最新成分とコスメは?

目に見えない光老化対策は今すぐ開始しましょう

シワ対策に、早すぎるということはありません。紫外線による真皮の繊維の破壊を光老化といいます。この言葉と無縁と思われる20代の人でも、真皮は確実にダメージを受けています。この気づかないうちに起こる紫外線のダメージに、冬の空気の乾燥が重なります。そのため、急にシワが目立ち始めるわけです。
対策の第一は、まず乾燥から肌を守ること。幸い、最新の化粧品の保湿成分は肌に水分を与えるだけでなく、肌自体の水分保持能力まで高めて、シワのできにくい状態にしてくれます。
乾燥ジワならこの保湿ケアだけでもシワが消えるようです。

セラミド&アミノ酸肌の機能を高めて乾燥ジワを消そう!

空気の乾燥が進む季節。肌内部の水分を守るために必要なのがセラミドケアです。セラミドは肌に存在する保湿成分であり、角質に層状の構造を作って、肌の水分が逃げないようにします。これは角質のバリアと呼ばれる働きです。現実にセラミドが不足すると低バリア状態となって乾燥へ進みます。そこで、ヒト型セラミド成分配合の化粧品が登しました。ヒト型セラミドは、肌に含まれるセラミドと同じですから、ナノ化技術により、肌の奥へ浸透させます。こうすることでバリア機能は回復して保湿が維持できるようになります。※セラミド化粧品の種類は多くありますが、選ぶなら「ヒト型セラミド」と表示してある化粧品を選ぶようにしましょう。



関連記事

  1. 30代過ぎると気が付かないシワ・たるみ予防Q&A

  2. 資生堂エリクシール

    40代年齢肌の悩みも増える夏のオイリー肌解消法のコツ

  3. シミが目立ってきた

    間違ったお手入れで炎症を起こしていませんか?

  4. 女性ホルモン

    40歳を過ぎたころから女性ホルモンの減少で肌老化が進む理由とお手入れ

  5. 30代過ぎて手遅れにならないためのシミを消す方法Q&A

  6. 資生堂アクアレーベル

    40代からの年齢肌を冬の乾燥から守るスキンケアとは?

人気ブランドから選ぶ(ABC順)

  • アンプルール
  • アスタリフト
  • 味の素ジーノ
  • ビーグレン
  • ディセンシア
  • DHC
  • ドクターシーラボ
  • サントリーエファージュ
  • ファンケル
  • コーセー
  • ノエビア
  • オルビス
  • ポーラ
  • パーフェクトワン
  • ロート製薬
  • 資生堂
  • SKⅡ
  • 草花木果
  • ヤクルト
  • 山田養蜂場

カテゴリー




PAGE TOP

年齢肌トラブル対策

アンチエイジングのための抗酸化化粧品が30代から必要な理由

アンチエイジングスキンケア

目的やアイテムで選ぶ

40代からのシミ・ソバカスケアに美白化粧品パーフェクトワン口コミ

パーフェクトワン

目的やアイテムで選ぶ

オールインワンジェルの効果や使い方を40代女性の口コミ

目的やアイテムで選ぶ

オールインワン化粧品の特徴やメリット・デメリットを比較

オールインワンジェル

目的やアイテムで選ぶ

40代、50代女性に人気の高いオールインワンの口コミ

50代おすすめ化粧品