肌老化の原因

肌老化の原因になる活性酸素ってなに?

SPプレミアムコラーゲンゲル

お肌・体の大敵:活性酸素

鉄などの金属がさびたり、リンゴの切り口が茶色くなったりするのは、酸素によって物質が「酸化」するためです。
活性酸素は、私たちの体の細胞を強力にサビつかせます。
普通の酸素に比べて、著しく化学反応を起こしやすいのです。
体内で大量に発生すると、細胞や遺伝子を傷つけ、老化を引き起こすのです。
活性酸素はシミ、シワのほか、がん細胞の発生にもかかわっています。
[clink url=”/vc/”]

呼吸するだけで活性酸素が発生するのですから、人が生きている限り、老化は避けられないのです。
しかし、本来人は活性酸素を除去するしくみが備わっています。
抗酸化力のある酵素などが体内で働き活性酸素を取り除いているのです。
ですが、体内の抗酸化力も、30代以降は低下していきます。

ほかに、活性酸素をたくさん生み出すものは、激しい運動、紫外線、疲労、ストレス、喫煙、食品添加物、大気汚染、酸化した油があります。
最近では常に血糖値が高いと、体内に活性酸素が生み出され、老化やある種の発がんが促進されることもわかっています。
[clink url=”/simi-qa/”]