肌老化の原因

30代から血行不良になりシミやくすみなど肌老化が進む理由とお手入れ

敏感肌

女性は20代後半から30代になってくると急激にホルモンのバランスが崩れることにより、お肌に悪影響を及ぼします。特に血行不良による肌の老化が急激に進むためにシミになりやすくなります。こうした肌老化を防ぐための毎日のスキンケアやお手入れについて紹介しておきます。

血行を良くし若々しい肌へ

血行不良で悩んでいる女性は以外と多いのですよ。
冷え症なんかも影響しているのではないでしょうか。
お肌にも影響がでるので、悩みどころ。

お肌をすこやかに育むためには、酸素や栄養が必要です。
お肌の細胞にとどけているのは、血管の中を流れる血液です。
毛細血管は極めて重要な役割をしています。
ひとつは、肌の細胞のすみずみまで酸素と栄養を贈ること。
もうひとつは、不要になった二酸化炭素と老廃物を回収することです。この代謝がスムーズに行われることで、健康なお肌が維持されるのです。

ですが、加齢とともに血行は悪くなり、お肌の細胞に酸素や栄養が行き届きにくくなるうえ、老廃物がたまってしまいます。
結果、肌老化が進み、くすみや乾燥が起こるのです。

加齢で血行が悪くなると肌の衰えが促進

老化と共に血管が硬くもろくなり、血行が悪くなります。
血管が弾力を失うのです。
加齢で筋力が減ると血行不良になります。
血行が悪くなると、肌老化が進むといいましたが、ターンオーバーが阻害され、コラーゲンがつくられる量も減り、肌老化が加速されます。
[clink url=”/how-seramido/”]

運動不足、喫煙、不規則な生活、冷えなども血行不良の原因と言われています。
これらに気をつけて、肌年齢をアップさせるスキンケアをこころがけたいものです。