肌老化の原因

40歳を過ぎたころから女性ホルモンの減少で肌老化が進む理由とお手入れ

女性ホルモン

女性は一生ホルモンに左右される

みずみずしい肌のカギを握るのが、女性ホルモンと成長ホルモン。
卵巣から分泌されるエストロゲンは、肌の弾力を保つコラーゲンを増やし、肌の水分を保持する作用があります。
女性ホルモンは、若さや美しさを維持すつために不可欠。
エストロゲンは妊娠・出産のためのホルモンなので、20代のころにもっとも多く分泌されますが30代後半から徐々に減り始め、40代になると急激に減少します。
そのため、40代以降になると、コラーゲンも減少し、肌老化が加速するのです。

また、無理なダイエットや不規則な生活でエストロゲンは減少し、肌老化が早まることも。
エストロゲンを減らさないために規則正しい睡眠やバランスのよい食事などを心掛けること!

●成長ホルモンは脳下垂体から分泌され、成長にかかわるホルモン。コラーゲンの産生など新陳代謝にも役立ちます。
成長ホルモンは10代まではさかんに分泌されるため、体はどんどん成長し、肌の新陳代謝は活発です。
身長は、17~18歳でとまりますが、肌は30代までゆっくりした速度で新陳代謝が行われ、コラーゲンも新しく変わります。

40代をすぎたころから、分泌量が減少。新陳代謝も衰えるので、肌老化も進みます。
成長ホルモンの分泌を促すのは、規則正しい睡眠や適度な運動です。
いくつになってもこれらを心がけると若さをキープできるのですね。

[clink url=”/how-seramido/”]