手のシミを取るにはポーラの美白化粧品、薬用ホワイティシモがいいらしい

美白・シミ対策化粧品

自分の手の甲を見てびっくり!
シミがぽつぽつ出ているではありませんか?
手の甲に出るのは、老人性色素斑だそうです。(老人性って響きがいやですね)
年齢を重ねると仕方ないのかもしれませんが、人前で手を出す時に気になります。

手は人目につきやすいのでシミ対策をしよう

手は人目にも目立つところであり、手の甲にシミがあると年齢より老けて見られます。そんな悩みを持つ女性も多いと思います。シミをカバーするクリームを塗っても、シミが濃くて隠れない。手のシミを取るにはどんな方法があるのか皮膚科の先生に教えてもらいました。
手は顔の肌に比べて。薬剤の吸収が悪いうえに、処置した後にかえって色素沈着が残り治療が難しいというのが、従来の常識でした。ところが、医学や美容技術の進歩により、シミを取る方法も効果が上がっています。

手は1年中紫外線にさらされています

紫外線が一段と強くなる春~夏は日焼けが気になりますよね。
顔や首は焼けないようにしいるのに、以外と見落としがちなのが、手の甲!
手は常に紫外線にさらされているのです。

シミにはハイドロキノンが効果があるので、ポーラの美白化粧品、薬用ホワイティシモがおすすめです。
紫外線対策、美白化粧品は数ありますが、薬用ホワイティシモの美容液は期待大ですよ。

紫外線が強くなるこれからの季節、顔だけでなく、手にも美白化粧品でしっかりケアをしましょう。

ポーラの美白化粧品、薬用ホワイティシモ違いは2つの美白。

SPF50・PAの紫外線防止パワー
ウォータープルーフだから、つけたときに分かる、透明感。
顔・からだ両方に使えて、そのあとに感じる深さ。
虫が嫌うナチュラルハーブ香りだから屋外でも安心です。

年齢肌の美白にふさわしいUV対策と美白スキンケアです。
今年の夏は薬用ホワイティシモで、スタートしてみてはいかがでしょう。

薬用ホワイティシモ

いちばん確実なのは、手のシミにレーザーを当てて、その後に強力な美白剤のハイドロキノンと肌の細胞のターンオーバーを加速するレチノイン酸を併用するそうです。レーザー照射後に薬を2ヶ月ぐらい塗り続けると色素沈着も薄くなり、治療効果が現れるとのこと。
レーザー治療は、医療行為にあたるので、一般のエステサロンではできないので、医療クリニックに行くことをおすすめします。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。