肌老化の原因

間違ったお手入れで炎症を起こしていませんか?

シミが目立ってきた

加齢が進むとお肌も老化していきます。お顔のお手入れは人一倍に丁寧に心がけたいもおです。例えば化粧水や美容液でお手入れする際にはコットンなどを使って優しくトントンと叩くようのパッティングしていきましょう。こうした気遣いが肌の炎症を防いでくれます。肌が炎症すれば、シミやくすみなったりします。なので、こページでは炎症にならないためのお手入れ方法を紹介します。

年齢肌の炎症

誤ったスキンケアで肌を傷つけてませんか?
非常に多いのは、肌のこすりすぎによるもやもやしたシミ。
頬骨の高い部分を強くこするクセのある人にできやすい。
コットンなどでパタパタたたくクセのある人は、赤ら顔になりやすく、毛細血管が赤く浮き出てくることもあります。

拭き取りタイプのクレンジングを使用している人は、コットンやティッシュの摩擦による刺激で、肌が乾燥したり、湿疹が出たりすることも。
肌に合わない化粧品を使い続けてシミになった人もいるそうです。
また、強いマッサージでかえってシミやしわを増やしている人もいますよ。

慢性的な炎症が肌を傷める
「こする」「たたく」「引っ張る」などの物理的な刺激や「合わない化粧品」などのダメージはすべて、肌に炎症を起こします。
日常的に間違ったケアをしている人は、肌に慢性的な炎症を起こしていることになりますね。
炎症によって活性酸素が発生し、つねに肌を傷つけ老化を早めてしまうのです。
この慢性炎症は肌老化の大きな原因のひとつ!

日常のお肌のお手入れを見直し、慢性炎症による老化からお肌を守りましょう。