年齢肌トラブル対策

肌の炎症

炎症

年齢肌の炎症

誤ったスキンケアで肌を傷つけてませんか?
非常に多いのは、肌のこすりすぎによるもやもやしたシミ。
頬骨の高い部分を強くこするクセのある人にできやすい。
コットンなどでパタパタたたくクセのある人は、赤ら顔になりやすく、毛細血管が赤く浮き出てくることもあります。

拭き取りタイプのクレンジングを使用している人は、コットンやティッシュの摩擦による刺激で、肌が乾燥したり、湿疹が出たりすることも。
肌に合わない化粧品を使い続けてシミになった人もいるそうです。
また、強いマッサージでかえってシミやしわを増やしている人もいますよ。

●慢性的な炎症が肌を傷める
「こする」「たたく」「引っ張る」などの物理的な刺激や「合わない化粧品」などのダメージはすべて、肌に炎症を起こします。
日常的に間違ったケアをしている人は、肌に慢性的な炎症を起こしていることになりますね。
炎症によって活性酸素が発生し、つねに肌を傷つけ老化を早めてしまうのです。
この慢性炎症は肌老化の大きな原因のひとつ!

日常のお肌のお手入れを見直し、慢性炎症による老化からお肌を守りましょう。

関連記事

  1. 30代過ぎると気が付かないシワ・たるみ予防Q&A

  2. 30代過ぎて手遅れにならないためのシミを消す方法Q&A

  3. 資生堂エリクシール

    年齢肌の悩みも増える夏のオイリー肌解消法のコツ

  4. SPプレミアムコラーゲンゲル

    活性酸素

  5. 資生堂アクアレーベル

    年齢肌と冬の乾燥

  6. 女性ホルモン

    40歳を過ぎたころから女性ホルモンの減少で肌老化が進む

人気ブランドから選ぶ(ABC順)

  • アンプルール
  • アスタリフト
  • 味の素ジーノ
  • ビーグレン
  • ディセンシア
  • DHC
  • ドクターシーラボ
  • サントリーエファージュ
  • ファンケル
  • コーセー
  • ノエビア
  • オルビス
  • ポーラ
  • パーフェクトワン
  • ロート製薬
  • 資生堂
  • SKⅡ
  • 草花木果
  • ヤクルト
  • 山田養蜂場

カテゴリー

PAGE TOP