炎症

*

炎症

年齢肌の炎症

誤ったスキンケアで肌を傷つけてませんか?
非常に多いのは、肌のこすりすぎによるもやもやしたシミ。
頬骨の高い部分を強くこするクセのある人にできやすい。

コットンなどでパタパタたたくクセのある人は、赤ら顔になりやすく、毛細血管が赤く浮き出てくることもあります。

拭き取りタイプのクレンジングを使用している人は、コットンやティッシュの摩擦による刺激で、肌が乾燥したり、湿疹が出たりすることも。
肌に合わない化粧品を使い続けてシミになった人もいるそうです。

また、強いマッサージでかえってシミやしわを増やしている人もいますよ。

●慢性的な炎症が肌を傷める
「こする」「たたく」「引っ張る」などの物理的な刺激や「合わない化粧品」などのダメージはすべて、肌に炎症を起こします。
日常的に間違ったケアをしている人は、肌に慢性的な炎症を起こしていることになりますね。
炎症によって活性酸素が発生し、つねに肌を傷つけ老化を早めてしまうのです。
この慢性炎症は肌老化の大きな原因のひとつ!

日常のお肌のお手入れを見直し、慢性炎症による老化からお肌を守りましょう。

炎症関連ページ

年齢肌と冬の乾燥
酵母の力で年齢肌に活力を 乾燥やツッパリ感を感じる冬。 シワやたるみがさらに気になる季節。 湿度や気温が低くな […]
女性ホルモン
女性は一生ホルモンに左右される みずみずしい肌のカギを握るのが、女性ホルモンと成長ホルモン。 卵巣から分泌され […]
血行不良
血行を良くし若々しい肌へ 血行不良で悩んでいる女性は以外と多いのですよ。 冷え症なんかも影響しているのではない […]
活性酸素
お肌・体の大敵:活性酸素 鉄などの金属がさびたり、リンゴの切り口が茶色くなったりするのは、酸素によって物質が「 […]
紫外線
年中紫外線をカット! お肌の大敵はなんといっても紫外線。 肌老化の原因の65%がこの紫外線にあると言われていま […]