敏感肌の種類

敏感肌を悪化させない正しいお手入れ法

特定の成分にアレルギーがあったり、刺激に弱くトラブルになる肌が敏感肌。
ふだんからしげきを受けやすく、多くの人には何でもないものがトラブルにつながってしまう肌、使える化粧品が限られている肌。
つまり、普通の化粧品が使えない肌ということになりますね。

敏感肌になるのは肌の乾燥が原因

敏感肌になる2大要因の一つは、肌を刺激なら守る角質層のバリア機能が低いこと。
これは、乾燥しやすい肌と間違ったケアによります。なので一般的には敏感肌の原因は肌の乾燥だと言われています。

乾燥しやすい肌というのは、細胞間脂質のセラミドなどがもともと少ない肌のことで、潤いが逃げていきやすくなります。肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下するので、外部からの刺激や雑菌が直接肌にあたってヒリヒリしたり赤くなってしまうわけです。

「それじゃあ乾燥肌と同じなの?」と疑問に思われるかもしれませんが、まさにその通り。
敏感肌は乾燥肌が悪化した状態の肌とも言えるんです!

間違ったケアとは、洗顔のしすぎ、スクラブ、パックのしすぎ、角質ケアのやりすぎ、タオル、コットンなどのこすりすぎで必要な角質まで取ってしまうこと。そして保湿ケア不足。なので、乾燥肌の人も敏感肌になってしまう確率が高いし、ケアの仕方も乾燥肌のケアと同じように保湿が大切です。

洗顔料に肌に悪い成分が入っていないかをチェック!

二つ目は、化粧品の成分にアレルギーがある場合。炎症や湿疹などのアレルギー反応が出るため、普通の化粧品、敏感肌用化粧品でも、その成分が入っていれば使えない。
つまり、洗顔料でも肌に合っていないものを選ぶと知らず知らずのうちに肌にダメージを与えてしまいます。
洗顔料の中には除菌力を強めるための成分が含まれていることもあるのですが、普通の人なら問題なくても敏感肌の人が使うと肌が赤くかぶれてしまうことがあります。

敏感肌になってしまうとあらゆる洗顔料が肌に合わなくなってくるので「洗顔を数週間しないほうがいい」なんてことも言われますが、毎日お化粧をしたり、ニキビなどの肌荒れができてしまう人にとっては洗顔をしないというのは難しいですよね。

なので、肌への刺激が少ない成分・天然成分・無添加にこだわって作られた洗顔石鹸を使うわけです。自分がアレルギー反応がでやすい敏感肌だとおもったら、きちんと皮膚科でパッチテストをしましょう。

敏感肌化粧品を正しく使いましょう

敏感肌になると「まずは敏感肌を治すこと」からはじめないといけないので、ニキビやしみ・くすみなどが気になる人も、ピーリング石鹸などは使わずに無添加の洗顔石鹸で乾燥肌にまで治すようにしましょう。

刺激に弱い敏感肌は、保湿を中心にしたスキンケアは欠かせません。
このタイプが安心して使えるのは敏感肌用化粧品。
肌の乾燥を防ぎ、刺激を与えないようにつくられているので安心して使えます。
さまざなな配慮でつくられた敏感肌用化粧品は、自分に合うラインが見つかれば、トラブルのない、いい状態をキープできるはず。

角質層のセラミドを保って乾燥させないようにしましょう。人の肌はセラミドにによって皮膚表面の角質がしっかりと繋ぎとめられているのですが、栄養がしっかりと取れていないとセラミドが上手く作られず、肌に雑菌などの異物が混入してしまうわけです。

セラミドは敏感肌向けの化粧水などにも含まれていますが、やっぱり普段の食事を見直して自分でセラミドを作れる健康的な体質にしておくのがいいでしょう。

お肌のケアは外側からだと3~4割程度で、半分以上は肌の内側からできていると言われていますからね。
肌をこすらないように。肌にトラブルが起きたらすぐに皮膚科へ行きましょう。

チェックしてみましょう

  1. 肌が乾燥しやすい
  2. 刺激に弱く赤くなったりする
  3. 子供のころアトピーの経験がある
  4. アレルギー体質
  5. 紫外線に弱く炎症を起こす
  6. 保湿ケアは欠かせないこと
  7. スクラブ、はがすパックはNG
  8. 化粧品を使う前にパッチテスト
  9. 刺激成分を皮膚科で調べる
  10. 皮膚科の主治医をもつといい